読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グランドサークル【番外編】~2つの出会い&再会~

番外編 ~2つの偶然すぎる出会い&再会~

f:id:Lifeisonetime:20170125230823j:plain写真はお気に入りのリパンポイントにて

この旅で2組の学生との素敵で奇妙で偶然すぎる出会い&再会があったので書き残すことにする。

グランドサークル1人旅のラスト話です。

1人旅での良き出会い

シーズン的(3月)に卒業旅行時期なので沢山の日本人学生に会うことは必然なのだが、ビックリで奇妙で素敵な偶然の出会いが2つあったのです。

彼ら&彼女達とのファーストコンタクト

彼ら&彼女達とはグランドキャニオンのマーサポイントの朝日鑑賞で最初に出会った。
午前6時前。
まだ朝日が昇るまで時間があったので、たわいもない世間話などしつつ、素晴らしい日の出を迎えた。
私は既に2日前の夕方入りしてたから周辺のポイント廻りはしていたし、一つ二つ西に行けば柵の無い断崖絶壁ポイントがあるのを知っていたので、彼女達に紹介した。

f:id:Lifeisonetime:20170125231042j:plain朝日も昇りきったところで彼女らとそのポイントに移動し、彼ら含め何組か来る学生さん達(この日はやたらと日本人学生が来た。前日は外人オンリーだったのに(^^;;)とお互い撮影しあいつつ、和気藹々と楽しく過ごしつつも、特に名前も聞くこともなくお互いマーサを後にした。

彼女達と2度目の遭遇

その日の昼のこと。

私は昨日のポイント巡りの続きで残りのホピとハーミッツレストを周り、昼頃、再度宿泊してたロッジを経由し、土産を買ってモニュメントバレーへ向かう予定だったのだが、そのロッジのギフトショップで彼女らとまさかの再会
例え同じ宿(だったらしいがロッジは広範囲に点在してる)だとしてもチェックアウトから相当時間も経っているし、土産屋にいる時間なんてほんの10分程度だし、えらくピンポイントなタイミングだった。
でも、その場でもちょっと話した程度(あまり邪魔しても悪いしね。おっちゃんは気を使いますな^ ^;;)で、お互いの旅の成功と無事を誓いつつもお別れ。
もう2度と会うこともないだろうなぁ、と思いつつ…

彼らとの2度目の遭遇

彼女らとの再会から1時間後ほど経った13時頃。

モニュメントバレーに向かう途中、私は通りがかりでもあるので、再度一番のお気に入りポイントのリパンポイントに立ち寄ることにした
到着して5分後位。
今度は彼らがやって来た。
またえらくピンポイントなところと時間に彼らと再会^ ^
彼らも再度リパンポイントを見たかったそうだ。

f:id:Lifeisonetime:20170125230823j:plain

で、聞けば次に向かうのもモニュメントバレーならば、ホテルも同じ(゚o゚;;
凄い確率です。
だって、ここで会わなきゃ同じホテルにいるなんてことお互い知る由もなかったろう。
そもそも私は1人だし、ホテルのロビーでくつろぐなんてこともしないしね。

1時間ちょっとの間に2組とも再会するなんてね^ ^

f:id:Lifeisonetime:20170125231244j:plain

彼らとの3度目の再会

夜、ホテルのロビーで再会。

旅の話からプライベートなことまで、束の間の楽しい時間を過ごさせてもらった(禁酒地区なので酒飲めなかったのは残念だったが(^^;;)
翌日からはお互い目的地が反対なので、流石にもう会わないだろうし、FBで繋がることにして(この時、彼女らにもFBやってるか聞いときゃよかった…と反省してた)、今後もお互いの旅行記や写真の交換をすることに。

彼らとの4度目の再会 〜実は…〜

で、翌日バレードライブの最中また再会し、都度4度目の彼らとの再会…だった訳だが、、、

ここでお互い薄々気づいてた事実が発覚する。
実は…

本当は5度目の再会だったのだ‼︎

というのも、実は、

行きの成田~サンフランシスコの

飛行機で隣の席だったのです!(◎_◎;)
正確に言うと、隣が空席で一席飛ばしての隣で微妙に距離はあったのだが、でも隣だったのよ(^^;;
そんな偶然ある⁇
でも、実は、機内では一言も話してない。
彼らはグランドキャニオンとかセドナの本を持ってた(チラッと横目で見た^ ^)し、「あー、俺と行き先は同じなんだなぁ」とは思ってたけど、私は前夜交通事故に巻き込まれ準備に余裕がなく色々不安だったし、まだまだ計画も穴があったし、俺みたいなおっさんが大学生に絡んでも申し訳ない(これが1番大きな理由かな^^;)し、何より日本語を絶って英語モードにしようと心に決めてたし、自分なりの色々な思いもあって、8時間半もフライトがあったにも関わらず一言も喋らなかったのよ(^^;; (※仮に、話してても再びマーサで同じように再会してたかもしれないし、もう会うこともなかったかもしれない。神のみぞ知るってか。)

でも、そんな彼らとその後何度も広大なアメリカ大陸で再会する訳です。
天文学的低確率な数字だと思うのです^ ^

彼らとはその日から旅行の近況を報告しあったりでコンタクトをとる仲になった。
帰国まで、そして帰国後もFBで連絡を取り合ってます。

※そうそう、お互いに何故気付いたかというと、私は写真の彼らのカマロに記念に座らせてもらった時に、ダッシュボードに機内で横目で見てたのと同じ本が置いてあって、私はそこで、もしかして…と思ってたのだ。一方、彼らは、ホテルのロビーで話してた時に、旅慣れてる彼らに対して私が「今回初めての大陸で不安で不安で仕方なかったから、用意周到にGoogle Mapとかファイリングしてきた」という話をしたので、そういや機内で隣の人がファイルチェックしてたなぁ、と横目で見てたらしく、えらく旅慣れた人だなと思ってたらしい…^ ^;; 逆に旅慣れてないからこそのファイルだったんだけどね。確かに、飛行機慣れはしてる、あくまでも国内線でやけど^^;


で‼︎

まだ話は終わりません^ ^

 

彼女達との3度目の再会

帰国直前。
搭乗まで20分ほどの時間。

トランジットのサンフランシスコ国際空港動く歩道の上で

今度はまたまた彼女達と再会したのよ、これが!(◎_◎;)
グランドキャニオンで会った5日後によ(;゜0゜)

こちらはラスベガスからのトランジットで関西国際空港行き、彼女達はサンフランシスコ泊で中部国際空港行き。
ルートも目的地も違う。
でも、現実的に3度目の再会をした訳です!(◎_◎;)

ほんの少し、本当にたった少し、歩く歩道に乗るタイミングが

わずか数秒でも違ってたならば会わなかったろう…
凄いタイミングだった。
たった数秒違えば私は搭乗口のベンチに座ってたろうし、彼女達も土産買うために何処かのショップに入っていただろう。

まぁ、これは10日間の旅の中でも一番ビックリしましたね〜!(◎_◎;)

 

彼女達も彼らもこれから社会の荒波に揉まれます(既に揉まれてるかな⁇)
かたや、私は流れ流されフラフラした駄目なおっさん(^^;;
俺みたいな大人にならんといてね(^人^)

でもホンマ、彼ら彼女らのこれからの成長を心底願うし、しっかりした4人なので、ま、2〜3年もせんうちに俺なんてあっさり抜かれるだろうけどね(^^;;

 

そんなこんなで、

素敵な旅の想い出が増えたのです。
一生忘れない想い出になりますね。

こういう出会いも含めて良い旅でした。

4人とはFBを通じて未だに繋がっていて、とてもハッピーなことだと思う^ ^
スマホSNS、文明に感謝(^人^)

 

以上ですm/m/

 

ここまで27話にも及ぶ単なる旅の記念残しの自己満足な話にお付き合いいただき、全部読んでくれた方、

長々とすみません&ありがとうございましたm(_ _)m

次の永久保存版⁇グランドキャニオン サウスリム 全ポイント写真がオーラスです。
ホンマおおきに‼︎